マインドセット
ミックスボイス
発声理論
オススメ情報

声をパワーアップさせよう!(当てトレ2・アンザッツ)※音声付き

      2019/05/01




皆さんこんにちは!いつもボーカルスクールMVS公式ブログをご覧くださりありがとうございます。
シンガー・ボイストレーナーのU-ma(ユーマ)です!

今回は少し各論的な内容を記事にしてみたいと思います。
ボイストレーニングは地声・裏声を基準に進んでいきますが、この2声区に様々な要素が関与することで表情を持たせることが可能になります。

今日は地声声区を使った練習方法を1つご紹介しようと思います。

 

当てトレ(アンザッツ)トレーニング

地声と裏声を綺麗に扱うことが基本となりますが、分離が進むと各声区に対して更に負荷割合を上げていくことが可能になります。

その際に大いに役立つのがアンザッツというトレーニング方法です。

アンザッツという言葉の意味は「音を当てる」という意味なので、僕のスクールでは初心者の方でも難しく考えないように当てトレと呼んでいます。

その中で2番を今回はご紹介します。(全部で6番まであるうちの1つです)

ちなみに音響学的には音がどこかに当たるというのは幻想です。
これはアンザッツを完成させたフースラー自身も認めているところです。

しかし、音を当てるイメージを持つことで様々な発声関与筋にアプローチできるということが狙いなわけです。

今回のような少し発声の各論的な内容に入り込むと、途端に複雑に考え始め迷宮入りしてしまう方が多いですが、このブログ読者の皆さんはそうはならないでください。

これまでのようになるべく簡潔に意味を説明するので、シンプルに考え続けるようにしてください。

 

まずは音質を真似ること

アンザッツの2は、主に発声の際に関与する引き下げ筋内筋、そしてヒレツ筋にアプローチします。

引き下げ筋や内筋に関しては恐らく皆さんは初めて聞く名称なのですが今後、分かりやすい記事をUPしようと思っていますので今の所は無視していてください。(今回はやり方のみに焦点を当てましょう)

アンザッツ2の音質は男性のオペラ歌手のような深みと芯のある地声です。

やり方の順序は、
地声中音域(男性の場合はF3〜A3辺り、女性の場合はA3〜C4辺りの安定的に地声が出しやすい高さ)のロングトーンが普段は前に向かって出ていくと思いますが、声を胸の方向(真下)へと向かわせます。
すると、いつもより声が深くなります。この時点では、まだ声に芯がなくても構いません。

その声の深さを維持したまま、なるべく声に芯を作っていくイメージを持ちます。

(①の際にヒレツ筋と引き下げ筋が関与し、②の際に内筋という筋肉が関与します。)

 

アンザッツ2は、結果的にいつもよりお腹に力が入ることと、喉がしっかり鳴っている感覚を受けるのが特徴です。

※アンザッツ2発声の僕の音声も貼っておくので参考にしてみてください。
(何度も言いますがアンザッツ2の特徴は「深さ」と「芯」です)

 

まとめ

①アンザッツとは『音を当てる』トレーニング

②アンザッツ2の音質は「深さ」(胸方向)と「芯」がある

今回はかなり難しい内容だったかもしれませんが、一度トライしてみてください。
このアンザッツ2で負荷を与える筋群はトレーニングでは地声発声ですがファルセットでも重要な筋群なので、最後にそれも付け加えておきます。
今回も最後までご覧くださり、ありがとうございます。
この記事も、皆さんの日頃のトレーニングに役立てば幸いです!

では、これからも『理想の歌声を目指す全ての人へ』有益な情報を発信していきます!

 

 

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちら↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト

 





 - ミックスボイス, 発声理論