マインドセット
ミックスボイス
発声理論
オススメ情報

モノマネをしてみよう!(耳トレ)

   




皆さんこんにちは!歌声クリエイターのゆーま(U-ma)です!

さらっと今回から『歌声クリエイター』と言っていますが、「ボイストレーナー」よりもかなりお洒落ですよね。(笑)

仕事感が薄くて、表現者っぽい響きが良いです。
あと、ネットで探しても誰もいなかったので世界中でこの肩書きは僕だけです。言ったもん勝ちですね!(笑)

それはさておき、今回は『モノマネ』をテーマに記事にしてみたいと思います。

僕が普段レッスンで取り入れている『当てトレ』と呼ばれるトレーニング(もとはフースラーが考案したアンザッツ)は一種のモノマネです。
地声・裏声の純化を終えると、声を深くしたり、平べったくしたり、押したり、引いたりということを行います。これは筋力に対しても良いアプローチですが、神経発達においてかなり重要なトレーニングとなります。

では「モノマネ」が声に与える影響を書いていきます!

 

モノマネが上手い=声の扱いが器用

皆さんがカラオケに行った時にも「モノマネ」が得意な人はいますよね?
その人は歌が上手いか下手かと言ったら確実に上手い部類に入ると思います。

何故なのかというと、自分のイメージ通りの声を出しているからです。声の扱いが器用なんですね。

例えば、高音がキツイとか、低音が薄いとか、声量や音程の問題が残っていたとしても、「おー、上手いな」と思えるレベル。

これは一見、生まれつき喉に才能があると思いきや違います。『耳』です。

聴いた声質を正しく理解できているので「こんな感じかな?」と同じように喉をセットアップさせるように試みることができるわけです。

 

1種類の声のみを扱う危うさ

例えば、常に甲高い声のみを意識的に出し続けたシンガーは以前の記事で紹介したアンザッツ2ができないことが多いです。(記事はこちら「声をパワーアップさせよう!アンザッツ2」
これは低音域でも引き上げ筋を使う癖が付いており、深い響きを作れないことに起因します。こうなると引き下げ筋が関与する裏声高音域にも影響が出てくることになり裏声レンジの拡大・地声の低域拡大に問題が発生します。

ここで言いたいことは、表現の中で「甲高い声」を使うことは全く問題ありません。表現はセンスであり、正解がないので自由です。
ただ、全く使わない声のセットアップや、使われにくい筋肉が存在していることが問題なのです。

どのような表現を選択するにしろ、色んな筋肉を使った声を出しておくと声の成長、表現の成長に繋がります。

まとめ

①普段から色んな声を聴くことを楽しむ

②ちょっと真似てみる(できなくてもOK)

③すると自分の得意な出し方、苦手な出し方が分かる

 

今回も、最後までご覧くださりありがとうございます!
「モノマネ」もトレーニングにおいてかなり使えるので楽しみながら挑戦してみてください。
でも、自己表現の際は自分のカッコいいと思うイメージを思い切り声で表現してくださいね!

これからも「理想の歌声を目指す全ての人へ」有益な情報を発信していきます!

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちら↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト

 





 - ミックスボイス, 発声理論 , ,