マインドセット
ミックスボイス
発声理論
オススメ情報

反復練習で上手くなろう!

      2018/01/24




皆さんこんにちは!
いつもボーカルスクールMVS公式ブログをご覧くださりありがとうございます!

今までの記事でも、スクール公式Youtubeチャンネルでもお伝えしてきている内容でもありますが「反復練習の大切さ」について今回は書かせていただきます。
前々回の記事『なぜ練習が続けられないのか?』と合わせて読んでいただくと理解も深くなるかと思います。

では、いってみましょう!

 

反復練習の意義

練習や学習の大半のパターンは、
「上手くいかない」 → 「少しずつ上手くできてきた」 → 「かなり上手くなった」という1サイクルで行われます。

ですが技術の向上には実は、まだ先があります。
「上手くいかない」 → 「少しずつ上手くできてきた」 → 「かなり上手くなった」 →  「完璧」 → 「簡単すぎて、あくびが出ちゃう」

このサイクルで手に入れた技術は、意識せずに遂行できるレベルになります。
よく例えを出すのは、車の運転です。運転開始当初は、クラッチの切り替えやハンドル捌きに意識を集中し続けなければなりません。ところが正しい動作を何回も何回も飽きるほど繰り返すことで、助手席の人と話しながらコーヒーを手に持っていても簡単に運転をこなせるようになります。

このようなレベルになると歌の技術であれば歌唱中にパフォーマンスだけに集中したとしてもなんら問題を起こさないことに繋がるのです。

ですので、当スクールでもレッスン開始当初に裏声発声が純粋に発声できない方でも、「もう余裕で発声できますよ。飽きましたよ」というレベルまで体に落とし込みます。笑
そうすることで一生その課題に戻ってくることはないからです。(歩き方、話し方、を一生覚え直さないのと同じレベル)

前々回記事でお伝えした、日常に練習を取り入れることはある意味効率の良い反復練習になります。(反復練習を反復練習と思わない工夫とも言えますね)

 

意識しないことの大切さ

先程も書いた通り、技術の最高峰は「意識しないレベル」です。
例えば、プロの楽器奏者の方達はイメージした強さ弱さ、滑らかさ、などの表現を自由自在に操ります。どんなに早いフレーズだとしてもです。

このイメージの力を「メンタルピクチャー」と言います。
思い描いた音を、現実に表現するのです。

歌も技術の最高峰は同じです。どのような音質、地声、裏声、強さ、弱さをイメージの力のみで表現するのです。
そこに出し方の意識は、ほぼありません。(口の形、お腹への意識、共鳴の意識など)

最初の頃は上手く出せなかった綺麗な裏声が、トレーニングを経て「もう簡単ですよ。飽きましたよ。」となった際にも同じ現象が起こっています。
構えなど意識しなくても、イメージだけで発声できるようになってしまいます。

 

まとめ

①反復練習のサイクルは「上手くいかない」 → 「少しずつ上手くできてきた」 → 「かなり上手くなった」 →  「完璧」 → 「簡単すぎて、あくびが出ちゃう」となるまで深く習得することが望ましい

②技術の最高レベルは「意識しないレベル」

今回の記事は、短期的にトレーニングを考えている方には頭の痛い内容になったかもしれません。
ですが、どのようなレベルのシンガーの人でも目指す所を高く設定していただきたいという気持ちも有り、書かせていただきました。以前の記事でも書いたようにゴールが遠いほど技術の向上は通過点になります。間違いなくコツコツが一番早いのです。

では、また次回も「理想の歌声を目指す全ての人へ」有益な情報を発信していきます!!
 

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちら↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト

 




 - マインドセット ,