声帯構造の男女差

   




皆さんこんにちは!いつもボーカルスクールMVS公式ブログをご覧くださりありがとうございます!
シンガー・ボイストレーナーのU-ma(ユーマ)です!

今回はLINE@コミュニティ限定コラム記事をブログでも、そのままご紹介したいと思います。
何故かと言うと、先日Twitterで【声帯組織の男女差】を数件呟いたところ反響があったのと、声帯構造の男女差や、振動体自体の基本的な知識が浅い方も多いと思ったからです。
ですのでLINE@コミュニティにご参加いただいている方は今回の記事は既に読んでいるので飛ばしてもらって大丈夫です。今後もLINE@限定記事を楽しみにしてください!

では今回は「声帯構造の男女差」というタイトルでいってみましょう!

 

声帯構造の男女差

まず、話し声の音域の高低差は声帯の長さと太さに依存します。
これは、グランドピアノの弦をイメージしてもらうと分かりやすいですね。
左端は長い、右端は短い。

音を発生させる動きは違えど、声帯もピアノ弦も振動体としての機能は同じです。

【声帯組織の男女比】
そして声帯は、男女比で約3:2という長さ割合です。
男性が3としたら女性は2ということです。(あくまで平均です)

それに加えて、他の筋組織同様に声帯の質量も男性の方が大きいので男性の声のほうが低くなるということですね(^^)

【伸張力の男女差】
これはレッスン生からも質問がよくあるのですが
「女性の方が歌がもとから上手い人が多くないですか?」とか
「女性の方がファルセットが強くないですか?」または「強くなりやすくないですか?」
という疑問を持つ方が多いようです。

ここでは純粋な伸張力(ファルセット発声)だけを分かりやすく例にします。

先ほどの男女比3:2を思い出してください。
それからイメージしてください。
一方は3メートルのゴム、一方は2メートルのゴム。

このゴムを同じ力で引き伸ばします。
どちらが先に最大張力まで到達しますか?

答えは2メートルのゴムです。
これを声帯と考えてください。伸張力のテンションは声帯が短いほうが早く強くかかるのです。

そして盲点になりやすいところは、
同じ力で引っ張っているという考え方です。
同じ伸張筋のパワー(実は少し弱くてもなのですが…)で2メートルのゴムの方が伸張力のパワーが伝わるのです。

これが、「女性の方が伸張力が早く育つ」や「女性のほうがファルセットが強い」割合の多い理由です。

高域に関しては女性の方が物理的なアドバンテージを持っています。

 

少し付け加えると。

この記事では分かりやすく男女差で話していますが、中には女性でもテストステロン(男性ホルモン)分泌の多い方で声が男性のような質感や低さという方もいらっしゃいますし、その逆で男性でも女性のように声が高い方もいます。

要は、性別差ではなく声帯構造によって声質や高低差は生まれるということになります。

 

 

今回も最後までご覧くださりありがとうございます!
このような生理学的な内容も少しずつ増やしていければと思いますので、今後も楽しみにしていてください。
これからも『理想の歌声を目指す全ての人へ』有益な情報を発信していきます!

 

 

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちら↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト

 




 - 発声理論 ,