マインドセット
ミックスボイス
発声理論
オススメ情報

得意な発声と不得意な発声

   




皆さんこんにちは!
歌声クリエイターのゆーま(U-ma)です!
いつも公式ブログをご覧くださり、ありがとうございます。

今日のテーマはYouTube動画やブログ記事でも登場している『当てトレ』が役立つ「声の固定化防止」について書いてみたいと思います。

では、いってみましょ〜♪

 

得意な声と不得意な声

体の使い方は人それぞれ、得意な動きと不得意な動きが存在します。
走るのが得意な人でも投げるのは苦手な人、一輪車に乗れるバランス感覚はあるのにスキップは一切できない人。
このようなことが声にもあります。

ハリのある地声を出すのが得意だけど、まろやかな優しい地声は苦手な人。
強く芯のある裏声が得意だけど、限りなく弱いニュアンスの裏声は一切出ない人。
症状は様々です。

なぜ、このようなことが起こるのでしょう?

それは『声』というものの背景には、ちゃんと「声を生み出す運動構造と運動機能」が存在しているからです。

例えば、強い裏声発声に関与する筋肉ばかりを使ってきたシンガーの場合、弱く制御する裏声発声に関与する筋肉を上手く動かせずに、トレーニング中や歌唱中に対極的な声質変化を行うことができないのです。

このような1つの声質しか出せなくなることを僕は『声の固定化現象』と言っています。

この声の固定化を防止するために『当てトレ』は大いに使えます。

当てトレの各番号特有の音質を発声することで普段使わない筋肉を動かしたり、緩めたりすることが可能となるからです。

狙いを定めた筋肉に対しての負荷はもちろんのこと、普段動かさない筋肉の支配神経に対しての刺激にもなると言うことです。

 

不得意な発声を改善する

以上のように当てトレは、ボイストレーニングにおいて有効な手段の一つとなります。

不得意な声質を徐々に習得していくと、自身の歌に対して大きな変化が加わります。
今まで出来なかった表現の習得はもちろん、それまでの発声がどのようになされていたのかも把握できてくるので柔軟に声を操れるようになっていきます。

ボイストレーニングにおいては決して一つの声の出し方に固定せずに柔軟に声を使っていくことが大切だということです。
このようなことも踏まえて毎日のトレーニングに励んでください!

今回も最後までご覧くださりありがとうございました♪
これからも『理想の歌声を目指す全ての人へ』有益な情報を発信していきます!!

 

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちら↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト

 






 - ミックスボイス, 発声理論