ボイトレ考え方
ミックスボイス
発声理論
オススメ情報

大きい声?小さい声?

   




皆さんこんにちは!いつもボーカルスクールMVS公式ブログをご覧くださり、ありがとうございます。
シンガー・ボイストレーナーのU-ma(ユーマ)です。

今日は、とても質問の多い「発声練習は、大きい声が良いのか?小さい声が良いのか?」について書いてみたいと思います。

ぜひ、最後までご覧ください!

 

大きい声が基本中の基本

まず結論から書きます。
『ボイストレーニングは綺麗な発声(完全な地声、もしくは裏声)で大きな声』が原則です。

その理由として、
①純化した綺麗な発声に対して負荷をかけるため

②最大ボリュームを担保しないと曲中のダイナミクスが出せない

③音量を抑える発声の方が難しい(最大ボリュームが大きくないと発声しにくい)

などが挙げられます。

に関しては、何度も繰り返しているので追記の必要はありませんね。純粋な声区での発声じゃないと負荷が分散します。(不完全な混ぜ声などは負荷がかかりません)

は、最大ボリュームが小さいと曲中で操作できる音量幅が狭い為、表現に支障をきたします。特に音量を必要とするダイナミックな表現ですね。

そして、今回の記事の中で一番伝えたいことは、
この③「音量を抑える発声の方が難しい(最大ボリュームが大きくないと発声しにくい)」です。

例えば、多い症状としてファルセットの高域(E5以上)を小さい音量で出せないシンガーが多数います。
この症状を改善しようとし、小さい音量で何度も高域に挑みますが恐らく改善は難しいでしょう。

なぜなら、その殆どがE5以上の音に対してアタック(音の立ち上がり)から、しっかり綺麗な音質で強く発声できないからです。
実は改善方法として用いるのは、E5以上の音に対して強く綺麗にアタックさせたロングトーンのボリュームを小さくしていく方法です。

「強い音をしっかり出して小さくしていく」これが原則です。
言い換えると、強い音が出なければ、小さく発声することへのアプローチすらできないということです。

そして、大きな声で発声するためには内声筋の強さが不可欠です。
だから、先程の「①純化した綺麗な発声に対して負荷をかける」も重要だということにも再び繋がります。

 

 

小さな声の弊害

小さな声で発声することに慣れてしまうと、弊害も大きいです。

まずは「喉声(喉歌い)」になりやすくなります。
これは、明瞭に発音できないことによって腹圧の助けを得られないことが原因です。

言葉が不明瞭な発声は、お腹からのパワーを受け止めにくいので喉締めが起こりやすくなります。
明確に発音できるにも関わらず、空気成分が多く聞こえる発声は注意が必要です。
(筋力が脆弱で発達途中の裏声は空気漏れが多いので、気にしなくても大丈夫です)

あとは、普段から小さな声で発声するシンガーは、大きな声で発声することに対しての恐怖心を持つことも多いですね。
しっかりとパワーを伝えることが怖い為に、本来持っている最大ボリュームをみすみす手放してしまいます。

 

まとめ

①『ボイストレーニングは綺麗な発声(完全な地声、もしくは裏声)で大きな声』が原則

②小さな声に慣れてしまうと弊害も多い
(喉声(喉歌い)や、大きな音量発声への恐怖心など)

今回の記事では「しっかりと大きな声で発声する」大切さについて書かせていただきました。
もちろん小さな音量で行うトレーニングもありますが、まずは大きい音量でしっかり出せないと難しいです。
この記事から、トレーニングの順序を学んでもらえれば嬉しいです。大きい声が優先です。

今回も最後までご覧くださり、ありがとうございます!
これからも「理想の歌声を目指す全ての人へ」有益な情報を発信していきます!!

 

 

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちら↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト

 




 - ミックスボイス, 発声理論