マインドセット
ミックスボイス
発声理論
オススメ情報

迷路の外には何がある?を読んでみた!(「チーズはどこへ消えた?」の続編)

      2019/04/10




皆さんこんにちは!シンガー・ボイストレーナーのU-ma(ゆーま)です!

今日は『オススメ情報』の記事を書いてみます。
ボイトレ記事、マインドセットの記事と並行して、僕が為になったものや皆んなと共有したい情報などをご紹介します♪

今日の朝、仕事場の音楽スタジオに着くといつもお世話になっているスタジオオーナーさんが「この本いいよ」と差し出してくれた本がありました。
それがこれ『迷路の外には何がある?』


本のサイズ感も分かるので、ひょっこりはん的に撮ってみました。笑

僕は全く知らなかったのですが、400万部以上売れたベストセラー作品の前作「チーズはどこへ消えた?」があり、その続編です。
朝にオーナーさんが差し出してくれたタイミングも面白かったので、レッスンまでの空き時間でソッコー読みましたので、感想も含め記事に残してみます♪

 

良いものは良い

本の紹介の前に少しだけ。

前提として、この本の前作を僕は知らなかったのですが世界中で400万部が売れたということはシンプルに「良いもの」なんですよね〜。

時に音楽でも「めちゃくちゃ売れてるもの」を頑なに否定するミュージシャンも多いのですが、僕はそういった評価には『マイナス感情を差し込まない方が良い』という考えです。

一歩引いて考えて、「自分的にはあんまりなんだけど、これだけ評価されているということは必ず自分が気づいていない良さがあるんだな」と考えると、今まで見えなかった良さに気付くことがあります。

周りの大勢多数に認められいるものは絶対にたまたまではないので、自分がわからなくても「良いものの可能性がかなり高い」と思えばいいんですね。

 

本について少しだけ

内容に関しては、もちろん著作権的な問題でかけませんが、この本の中で伝えていることは『思い込み』についてです。

著書の中では、もう少し堅固なイメージで『信念』と表記されます。それほど、自分の中で正解と思い込んでいる概念は覆りにくいというメッセージでしょうね。

主な登場人物は「ヘム」と「ホー」の小人2人。
2人が暮らしているのは通路と部屋からなる迷路の中の、主食であるチーズが安定的に取れる場所です。
しかしある日、チーズが全く取れなくなってしまい、チーズを求めて旅立った「ホー」と、その場に止まった「ヘム」を描くストーリーです。

前作を読んでいなくても、まず前作のお話の説明があって、その後に続編へと入っていきます。読了まで所用した時間は、僕は1時間位でしたが早く読める方は40分くらいでも読めるボリュームだと思います。

興味ある方は、サクッと読めるので一読オススメです!
下に、飛び先のamazonリンク貼っておきます♪

また、読んだ感想とかあれば各SNSとかでメッセージください♪
お互いの感想も共有しましょう。笑

では、今回も最後までご覧くださりありがとうございます!
これからも有益な情報を発信していきます!
 

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちら↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト

 





 - U-maが教えるおすすめ情報(お得情報) , ,