マインドセット
ミックスボイス
発声理論
オススメ情報

声量について(声の大きさ)

   




皆さんこんにちは!いつもボーカルスクールMVS公式ブログをご覧くださり、ありがとうございます。
シンガー・ボイストレーナーのU-ma(ユーマ)です!

最近はテンポよく、ブログ更新頑張っています!(笑)

今回のテーマは「声の大きさ」にしてみましょう。
特に日常会話に的を絞って書いてみたいと思います。
では、いってみましょう〜!

 

声の大きさを決める要素

声の大きさを決めるものは①声帯原音、②呼気圧による音量増幅、③共鳴意識が大きく関係します。

その中で一般的に、歌を学ぶ際は、腹式(②の力ですね)や、共鳴意識(③の力ですね)が取り上げられることが多いです。
ただ、一般的に取り上げられることの少ない①声帯原音(声帯そのものの力)が実はとても重要な要素なのです。

そこで、声を出す行為でも日常会話に的を絞ると何故、声帯そのものからの発生音(原音)が声量において大切なのかが分かります。

このTweetでも書いた通り、内声筋(外声筋も共に動きますが)の発達状況は日常会話での声の明瞭さに大きく関与します。
何故なら日常会話というものは②腹圧と③共鳴意識の働きが大きく抜け落ちているからです。

 

言葉の明瞭さ

歌う際と話す際とは、大きくその運動には差があります。
歌う際ほどの腹圧の上昇や、共鳴腔での音量の増強は、日常会話では起こりません。体は賢いので、ちゃんと省エネで声帯を動かせるように機能します。

その際に、一番重要になってくるのが声帯そのものを動かす内声筋群です。
シンプルに声帯原音を大きく出せる方は、言葉が明瞭に抜け出てきます。

声帯で響く音が大きいので、喉の空間→咽頭空間→口腔内(および鼻腔内)と音が伝わり、最後の構音作用(発音運動)で口を滑らかに動かす際までリラックスした状態で音が伝わるからです。

もし声帯原音が小さければ、日常会話の音量を上げようと思っても必ずどこかに力が入ります。
喉や、口の中、舌など、声帯原音だけでは大きな音が作れないので必ず違った箇所にその役目を押し付けるのです。

歌の際の声量も根本は同じ理由で、内声筋での音量が小さければ、違った箇所に緊張感が生まれます。
リラックス状態で構音作業までを終えられません。

やはり会話でも歌でも声帯そのものを動かす筋力が脆弱であれば、発声というものの上達には限界があります。

歌う際に、舌や口腔内、喉に緊張がある場合、多くのシンガーは即効性のあるメソッドを選択してしまいます。
例を一つ挙げると、発声時に上がってくる舌を意識的に下げる。などですね。

ただ、その現象は生理学的に考えて内声筋群(及び外声筋群)の発達が未熟であれば普通のことです。
舌が上がる多くの原因は、地声発声時に伸張反射が介入してこない(裏声発声時の反射)ことに起因しています。

ここで先ほどの記述を思い返してください。
”内声筋の音量(扱う技術も含め)が弱ければ、違った箇所に緊張感が生まれます。
リラックス状態で構音作業までを終えられません。”

要は、根本を解決できなければ腹式、共鳴に頼っても、意識的な症状排除(この場合は舌を下げる)に頼っても解決しないことになるのです。

歌、会話ともに声帯原音や、声帯自体のコントロールはとても重要な要素なのです。

 

まとめ

①声の大きさを決めるものは1声帯原音、2呼気圧による音量増幅、3共鳴意識が大きく関係する

②日常会話では腹圧と共鳴意識は関与割合が少なくなる

③歌、会話ともに内声筋(及び外声筋)の発達は大きく関係する

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今回は、音量に関する内容を少し書いてみました。
このような知識も皆さんのボイストレーニングに役立てば嬉しいです!
では、これからも『理想の歌声を目指す全ての人へ』有益な情報を発信していきます!!

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちら↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト

 




 - 発声理論