ボイトレ考え方
ミックスボイス
発声理論
オススメ情報

超凄いボイトレ本はこれだ!【シンガー必見】

   




皆さんこんにちは!シンガー・ボイストレーナーのU-ma(ユーマ)です!

前回書かせていただいた【musicoinで楽曲を収益化させる方法】の反響がとても良かったので、ボイトレ情報と平行しながら僕のオススメ情報も今後発信していきます!こちらも楽しみにしていただければ嬉しいです。

今回は僕が影響を受けたボイトレ本を紹介させていただきます。
そんなに冊数はありませんので、ぜひ参考にしてみてください!

 

ベルカント唱法

オススメ本として、真っ先に挙げるのは間違いなくベル・カント唱法(コーネリウス・L・リード著)ですね。

僕が医学生時代に一番衝撃を受けた本です。医学的観点と歴史的観点の両方から裏付けを取っていくリードの語り口には本当に説得力があります。
この本と出会わなければ今の僕はいませんね。それくらいの一冊です。

少し難しいかもしれませんが、やはりこの原版がオススメです。誰かがベルカント唱法を書き起こしたものを読むと、その人の解釈となってしまい「本当のベルカント唱法(リード)の考え」が伝わらない可能性が高いので注意です。
良くも悪くも、書き手のアレンジが加わってしまうということですね。

1年ほど前に、持っているものが古くなって新たに買おうとしたら、一時的に販売してなかったので早めに1冊購入していてもいいかもしれませんね。
あと、中古でも価格が下がりにくいのも、この本の特徴ですね。

うたうこと~Singen~

次は、うたうこと 発声器官の肉体的特質―歌声のひみつを解くかぎ(フレデリック・フースラー著)です。

これはベルカント唱法を読んでから、余裕があればで良いですね。かなり難解に感じると思います。
こちらも発声学を後世に伝えてきた素晴らしい一冊ですので、タイトルだけでも知っていて損はありません。

ただ感覚的に捉える内容も多いので、違う著者の解説本などを読むと解釈が変わることがあります。やはり読むなら原版ですね!

こちらも中古でも、あまり安くなりません。笑

フォニックス発音トレーニング

「これは意外だ!ボイトレ本じゃない!?」と思われるかもしれませんがフォニックス<発音>トレーニングはボイトレにおいて、超役立ちます!
日本人は特に、口輪筋や、舌筋のような言葉を「弾く」「切る」「押す」「巻く」チカラが弱いんです。

子音(a/i/u/e/o以外)にそもそも発音があることも知らないシンガーも多いです。レッスンでビックリする生徒さんも多いですね。フォニックスを練習に取り入れているシンガーは少ないと思います。

この本はCD音源を聞きながら発音できるので自宅練習がはかどります。もちろん僕も持っています。

最後に

僕のブログでご紹介する「おすすめ情報」は全て僕が実践、経験したものです。
先日のmusicoinでの音楽配信もそうですね。もちろん今回ご紹介した本も全て持っています。

自分の体験から本当に「これは良い!」「皆んなにも共有したい!!」と思ったものだけを情報発信していきますので、今後も参考にしてみてくださいね!

では今回も最後までご覧くださり、ありがとうございました!

 

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちら↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト

 




 - U-maが教えるおすすめ情報(お得情報)