マインドセット
ミックスボイス
発声理論
オススメ情報

喉を広げる練習は無意味!?

   




皆さんこんにちは!いつもボーカルスクールMVS公式ブログをご覧くださりありがとうございます!
シンガー・ボイストレーナーのU-ma(ユーマ)です。

つい先日、レッスン中にこんな会話がありました。

生徒さん「先生って『喉を広げろ』とは言いませんね?」

僕「はい。言いませんね〜」

生徒さん「なぜですか?」

僕「広がらないからです。笑」

というものです。
やはり未だに、喉を広げるという感覚的発声が日本のボイストレーニングのスタンダードなのだと感じました。

この『喉を広げる』という訓練も、おそらく練習しているシンガーさん達は裏付けを持たずに行っていることでしょう。
ボイストレーニングは、その練習がどのように効果があるのか? 逆に、なぜ効果が無いのか?をハッキリとさせていかないと時間がいくらあっても足りなくなります。

では、今回は「喉を広げる練習」を、医学的考察を持って反論してみたいと思います。

 

喉とはどこを指すのか?

まず、重要なことの1つに『喉を広げる』の喉とはどの部分でしょうか?

1、喉ちんこの辺りですか?

2、喉仏周辺のような辺りですか?

3、気管全体でしょうか?

「喉を広げる」の解釈がひとりひとり異なることも、問題点の1つです。

さらに、もし2と3の部分を指している場合は更に深刻な問題が横たわります。

 

喉は広がらない

まずは、この画像をご覧になってください。

この画像のオレンジ色の部分は気管軟骨という軟骨組織です。
この軟骨は外部からの衝撃に気管の粘膜が潰れないように保護しています。(さらに、可動性は確保するために掃除機のホースのように間隔を空けながら配置されています)

実は気管というものは、この気管軟骨によってロックがかかっているのです。
残念ながら、気管軟骨が配置されている範囲は、いくら粘膜を広げようとしても広がらないようになっているのですね。

もちろん喉仏のある甲状軟骨部分も広がりません。
となると、この写真の部分は全て広がらないのです。

ですので、先ほどの1、2、3、の部分の中では1の「喉ちんこの辺り」であれば広げられますそれ以外の部分では絶対に不可能なんですね。
努力しても達成不可能なことには挑む意味すらありません。

 

根拠が何より必要

これは以前の記事でも書いていますがトレーニングには根拠が必要です。

「喉を広げなさい」とリクエストされたことが、実は物理的に不可能だとした場合、時間だけが無駄に過ぎ去ったことになります。
この時間を保護する方法が、唯一根拠を取っていくことしか無いのです。

そのために、僕もこうしてyoutubeやブログでの情報発信を続けています。

まとめ

①喉は広がらない(医学的な喉頭部分)

②根拠の示せないトレーニングは時間を無駄にする可能性がある

では、今回も最後までご覧くださり、ありがとうございます!
これからも「理想の歌声を目指す全ての人へ」有益な情報を発信していきます!!

 

 

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちら↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト

 




 - 発声理論