音痴を治す(改善)方法

   




皆さんこんにちは!
ボーカルスクールMVS公式ブログをご覧くださり、ありがとうございます!

本日は歌の基本となる『音程(ピッチ)』について記事にさせていただきます。

体験レッスンなどで初めてお会いする方がよく「私(僕)は音痴なんです!」とおっしゃります。
ですが、私はすぐさま「それは本当ですか?」と返します。

音痴のタイプは医学的に2種類に分けられます。「運動性音痴」「感受性音痴」です。

簡潔に言うと、
運動性音痴は音は正しく聴き分けられているのに発声時に音程が乱れる症状。(聴覚は正常だが、発声に問題がある)
感受性音痴は音自体が正しく聴き分けられない症状です。(聴覚自体に問題がある)

先ほどの私の「(あなたが音痴なのは)本当ですか?」という答えには理由があり、一般的に音痴というと耳が悪いと思われがちですが、統計上は圧倒的に聴覚は正常なのに発声に問題があるため音程が取れない運動性音痴の方が多いからです。

言い換えると、世の中の音痴だと思っている方の大半は音を正しく聴き分けられているということです。
私が聴いた「ド」の音と、音痴だと思っている大半の方の聴いた「ド」の音は全く同じ音に聴こえているのが事実です。
問題は耳ではなく、聴いた音と発声する音がズレてしまうことなのです。

 

単音に集中する大切さ

では、ここからはどうやって音程が良くなるように訓練していくかを書いていきます。

まずは至ってシンプルですが単音をしっかり発声すること。

ですが適当に単音を発声しても意味がありません。一番楽に出る音を選んだら(低すぎたり、逆に高すぎる音はNG)、ピアノなどで音を鳴らし、「絶対に外さないぞ」と集中して発声します。
集中して発声し音程が取れればOKですが、外しても良いんです。
この練習で一番大切なのは音を外したことに気づくことです。

音を外したことに気づかないと音程の矯正はできません。音を外すことに気づいて、高低の調整を行っていってください。
すると、「思ってたより低いな。」とか、逆に「思っていたより高い。」と感じるはずです。
要は、聴いた音と、その音を発声する感覚にギャップがあることに気付くのが狙いです。

 

歌中のフレーズも単音に集中

では次に、歌中のメロディーの音程を良くする練習も一つ書かせていただきます。

歌中で問題になってくるのは単音と違いフレーズを構成していることです。(メロディーが動き回る)
そして大抵の場合、一つのフレーズ全体の音程を一気に修正しようとし失敗します。何でもそうなのですが大事なのは先ず一点集中です。

フレーズの頭の1音にだけに集中し完璧に取れるように練習してください。出だしの音が取れるようになると、かなりの確率で音程が安定してきます。
フレーズが始まる音が分かると、その後に続く音の手がかりになりますので効率良く練習が進みます。

音程を取るというのは、聴いた音をイメージし発声することで声帯の振動数、必要筋力を決定し声を出すという作業のことです。
ですので、こちらの動画で解説しているように筋力負荷をかけるためにも重要になるので普段から意識しながら練習を行ってみてください。

 

まとめ

①世の中の音痴と思われている大半の方は発声に問題がある(今回のテーマでは感受性音痴は含めていません)

②まずは単音に集中し、音のズレが分かるようにする

③歌中ではフレーズの初めの音をキッチリ取るように練習する

④声帯を動かす筋力の強化でも音程を取ることは重要である

本日も最後までご覧くださり、ありがとうございます!ぜひ今回、紹介したことも実践してみてください。
それでは「理想の歌声を目指す全ての人へ」これからも有益な情報を発信していきます!

スクールホームページはこちら↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト

 




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
20歳より音楽活動をスタートさせ様々なボイストレーニングを6年ほど実践してきたが上達せず断念。その後、医学的な観点からのアプローチが必須であると気付き医療学院へ入学し首席で卒業する。 コーネリウス・リード著「ベルカント唱法」の完璧な発声理論に感銘を受けトレーニングを再開し、声区融合(ミックスボイス)を完成させることに成功。 現在、ボーカルスクールMVSでの指導に加え、正しい声の知識を全国へ普及するべく様々な活動を行っている。

 - 発声理論 ,