ミックスボイスを目指して

      2017/11/24




皆さんこんにちは!
いつもボーカルスクールMVS公式ブログをご覧くださりありがとうございます。

このブログでは発声についての記事を多数UPしていますが、ひょっとすると読者の方の中で「発声の技術の最終的なゴールって何なのだろう?」と思っている方もいるのではないでしょうか?
あっさりと答えてしまいますが発声のゴールはミックスボイスを完璧に使いこなせるようになることです。

当スクールのウェブサイトでもご紹介している通り、ミックスボイスとは『地声と裏声の音圧、音質を極限まで等しく鍛え上げた際に現れる両声の性質を持った声』のことで、この発声を習得することで音の高低、長短を自由に歌いこなせるようになります。

トレーニングは長期を要する(天才でない限り)

ただし、この声を習得するためには、今まで記事にしてきたように声帯を取り巻く筋力バランス閉鎖筋群、伸張筋群の筋力完璧な声区コントロール(声区融合の際に必須です)、などを長期的なメソッドのなかで習得していくことが必要です。

「えー。時間かかるの?」と思ってしまう方もいらっしゃることでしょう。
ですが、よく考えてください。ミックスボイスを完璧な配合状態で習得するということはプロレベルの発声を習得するということです。

その為には、ロジカルに医学的な裏付けのあるメソッドを用いて訓練するしか方法はありません。要は、どのレベルを目指すのか?ということです。(プロの方々も常に地道に根拠のあるトレーニングを行っています)

歌の技術を本気で向上させたい!と思っているのであれば長期の発声訓練をスタートさせる以外に道はありません。(例外:生まれつき声帯レベルでの筋力バランス諸々が完璧に準備されている『天才』と呼ばれる、ほんの一部の方は短期でも可能ですが…)

以前までのブログを読んでいただいた方は、ここまでの話も腑に落ちると思います。「ゴールからの逆算」は歌上達の必須条件。の記事はその長期メソッドを乗り切る考えとも言えます。

そういった考えを理解できたうえで、コツコツと技術を向上させてきたシンガーは、皆こう言います。
「結局コツコツが一番早い。」

そしてコツコツと定着させた技術は衰退しません。寝ても冷めても声は伸びやかに出ます。なぜなら長期のメソッドのなかで根本を改善しているからです。
さらに、誤解をしないでいただきたいのが長期的なトレーニングのなかで、必ず短期的な成長も実感します。
大事なのは長期的なゴールを目指すうえで短期的な成果をただの通過点にしてしまうことが成長のスピードを加速させるということです。

 

私のスクールでも短期的に技術を向上させたくて焦っているシンガーの方もいます。ですがいつも理解してもらうことは結局、発声のゴールという理想を遥か遠くに設定し(完璧なミックスボイス習得、プロレベルの技術)、そのゴールへと全力で走り出す事で短期的な目標は気が付けば通過してしまうのです。

私の実感として思うのは、このことに気付いていないシンガーの方がとても多いです。
長期的な正しいメソッドを繰り返すシンガーには、短期的に考えているトレーニングを行うシンガーは残念ながら追いつけません。なぜなら遥か先のゴールから逆算してトレーニングを行いコツコツと確実に成長していくからです。成長の右肩上がりがゆっくりでも止まることはありません。

今回の記事はボイストレーニングを進めていくなかで、とても大切な考え方です。
私のブログでは「技術的なテーマ(発声学、練習方法)」と「メンタル的なテーマ(トレーニングの考え方、向き合い方)」の2つを同時に進行させています。このどちらが欠けてもトレーニングは順調には進みませんので、じっくり理解しながら練習を楽しんでください。

では今回も最後までご覧くださり、ありがとうございました!
これからも『理想の歌声を目指す全ての人へ』有益な情報を発信していきます!

 

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちらから↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
20歳より音楽活動をスタートさせ様々なボイストレーニングを6年ほど実践してきたが上達せず断念。その後、医学的な観点からのアプローチが必須であると気付き医療学院へ入学し首席で卒業する。 コーネリウス・リード著「ベルカント唱法」の完璧な発声理論に感銘を受けトレーニングを再開し、声区融合(ミックスボイス)を完成させることに成功。 現在、ボーカルスクールMVSでの指導に加え、正しい声の知識を全国へ普及するべく様々な活動を行っている。

 - ボイトレの考え方