マインドセット
ミックスボイス
発声理論
オススメ情報

第1に声区(レジスター)を分離することが大事

      2017/11/24




皆さんこんにちは!いつもボーカルスクールMVS公式ブログをご覧くださり、ありがとうございます!

YouTubeチャンネルのコメントなどでも「声が楽に出るようになった」とか「ミックスボイスが習得できました」などの感想を頂くこともできて感無量です。
1度もお会いしたことのない方の歌声を少しでも良い方向へ変えられたことの喜びはトレーナーとして何事にもかえられません。ありがとうございます。

生徒さんでも、まだ面識のない方でも自由な歌声を手に入れてもらえることが動画やブログで情報を発信し続けている意味なので、これからも是非ともご覧頂ければと思います。

さて、本日はボイストレーニングの基本的な考え方について記事にしたいと思います。

「声区(レジスター)を分離させる」というテーマでお話ししていきましょう。

 

声区(レジスター)について

こちらの動画で確認して頂いている方はもう既に理解済みだとは思いますが、まだ知らない方にも分かるように文面でも軽く触れます。

声区(レジスター)とは、簡単に言うと純粋な地声と裏声の持つ音域の範囲のことです。
声区の数は2声区です。ここを間違えてはいけません。
シンプルに地声と裏声の2つだけです。(声区を多大な数に細分化してしまう方もいらっしゃいますが、どのような声帯変化を用いようとも、ただの閉鎖と伸張の力学的変化(拮抗作用の力関係を変えているだけ)によるものなので声区の数は増えません。細分化すればするほど無い物探しのように迷宮入りしてしまい出てこられなくなります)

 

まずは声区を分離させることの大切さ

このお話はとても大切です。絶対に覚えてください。
以前までの記事でお伝えしたように地声と裏声を綺麗に出すことで声区を分離させることがボイストレーニングにおいて最初の狙いになります。(ごく稀に生まれつき2声区のバランスが良く見事に声区が融合している(生まれつきのミックスボイス)方もいらっしゃいますが、ここでは例外とします)

トレーニングでは、地声と裏声を分離することで個々での筋力強化、コントロール技術(神経系のトレーニング)などを養います。

昨今の国内のトレーニングでは2声区のバランス関係が悪いにもかかわらず、声区をすぐに結びつける方策を取るトレーナーがとても多いです。これは発声の根本的な上達への道をみすみす手放すことで、本当に残念なことです。

声区を綺麗に分離させ個々で負荷トレーニングやコントロールトレーニングを進めていくと、2声区の筋力バランス、コントロール技術というものが同じようなレベルに近づいてきます。
最終的に2声区を完璧に融合させることがゴールですが、その道の途中でも明らかに声の制限が1つ1つ解消されていきます。

しかし声区を分離させることができないと、例えば裏声だけに負荷をかけようと思って発声した声に地声の成分が添加されていることが多々あります。これがどういう意味を持つかと言うと
「伸張力だけを鍛えたいのに閉鎖力が加わり負荷がかかりきらない」という現象が起こります。筋力トレーニングにおけるフォームの乱れは負荷が逃げることを意味し、筋肥大を起こすことができなくなります(何年、負荷トレーニングを行っても無駄になるという最悪の自体を招きます)

ですので、ボイストレーニングにおいて第1に大切なことは「声区(レジスター)に関する正しい知識」と「声区(レジスター)を綺麗に分離させる技術」ということになります。

まとめ

・声区(レジスター)とは純粋な地声と裏声の持つ音域の範囲のこと

・声区は2声区である(多数に細分化すればするほど迷宮に入り込んでしまう)

・声区を分離させることで2声区を個々で上達させることが可能になる

・2声区のバランスをコーディネイトせずに無理に結びつけようとすると必ず失敗に終わる(音質の歪み、強弱をつけられない、日によって調子が大きく変わる、などなど)

今回のテーマは発声の本質に基づく、とても濃い内容ですので是非知識を整理してトレーニングに励んでください。
最善の発声構築方法は大多数のシンガーに当てはまるものとして、悪い声区結合を完璧に分離させ、個々で鍛え上げ上達させたのちに再結合させることにあります。
この辺りも、少しずつ回を追いながらお話できればと思います。

では「理想の歌声を目指す全ての人へ」有益な情報を今後も発信していきます!今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちらから↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト




 - ミックスボイス, 発声理論 , ,