マインドセット
ミックスボイス
発声理論
オススメ情報

声帯を動かす筋力のバランス

      2018/02/06




こんにちは!
いつもボーカルスクールMVS公式ブログをご覧くださり、ありがとうございます。

ここまで10本以上の記事をUPしてきましたが、実はそれぞれの記事を別々の知識として皆さんが落とし込むことで発声学の基礎を理解できるように、このブログは作ってあります。

ですので最終的には1つ1つの記事が別の意味を持つのではなく全体の知識が1つに繋がるイメージを持ってもらえればと思います。
ブログを読み始めた最初の頃に分かりにくかった記事でも、後に読み返した時に理解できることもあると思います。
頭が成長していくことで同じ内容でも気付きが変わるんです。馴染みの少ない発声の知識も少しずつ慣れてくれば理解も深まります!

では、今回も楽しみながら読んでいただければ幸いです。
テーマは「声帯を動かす筋力バランスの重要性」です。

声帯は筋肉のチカラで働く

先ずは、「声帯は筋肉が動かす」という単純な構造を理解することが大切です。

声帯は若干ではあるが自発的に動くことが可能である。という説もありますが議論する意味はあまりありません。
なぜなら反回神経麻痺(輪状甲状筋機能不全)が引き起こされると裏声はおろか、音の高低を取ることもままならなくなるからです。(声帯に付着する筋肉に依存しないと発声ができないということは声帯自身が多少自発的に動ごこうが、動かまいが本質的な議論にはならないということ)
要は神経が筋肉に指令を与え、筋肉が動くことで発声を行えるということです。

 

声帯を取り巻く筋肉の筋力バランス

今回のテーマの内容は深すぎて到底、文章での説明は難しいのですが(書籍レベルの文字数でないと不可能です)なるべく、シンプルにイメージで伝えられるようにと思っています。

分かりやすい1つの例を挙げます。
地声の筋肉(ヒレツ筋を含む閉鎖筋群)がとても強く、逆に裏声の筋肉(輪状甲状筋を含む伸張筋群)がかなり脆弱な場合、その人の声には特徴的な症状がみられます。

地声で音階を上っていくとブレイクポイント近辺より音が♭(フラット)し始め、顎の下辺り(顎二腹筋)に強い緊張感が出ます。
ボイストレーナーは他にも様々な特徴を判別し改善策を構築していきますが、この特徴は日本人の男性に多いので腑に落ちる読者さんも多いかもしれません。

この例の症状の方が地声で高い声を出したいからと言って、苦しみながら地声の高音域の練習をひたすら頑張って行っても音域は伸びません。
なぜなら、伸張筋群の手助けを受けずにブレイクポイントより上方の音域に楽に上っていくのは不可能だからです。(歪な音質であれば可能かもしれませんが…)

この章でお伝えしたいことを分かりやすく書くと、
「歌声は声帯を取り巻く筋肉の筋力バランスが常に声に関係する」ということです。

これを踏まえれば、「地声を改善する為に裏声を練習する」ということや「裏声を改善する為に地声を練習する」といったことが少し見えてくると思います。
地声発声の際でも特に高音部は裏声の筋力が必要になりますし、裏声発声の特に低音部は地声発声の筋力が必要になります。
そう、閉鎖筋群と伸張筋群は表裏一体の関係性であり相棒なんです。
この関係性のことを「筋の相互作用」と言います。

ここまでの内容を読んでいただければ地声を強くしたり高音発声を行ったりしたいがために、裏声を放置し地声のみを訓練するということはしなくなると思います。
2声区それぞれがとても大切で、歌の上達には両声区ともにレベルを上げることが大事だと知ってください。

 

まとめ

①神経が筋肉に指令を与え、筋肉が動くことで発声を行える

②歌声は声帯を取り巻く筋肉の筋力バランスが常に声に関係する

③閉鎖筋群(地声)と伸張筋群(裏声)は表裏一体の関係性であり相棒(筋の相互作用)

 

 

今回の記事は「声帯を動かす筋力のバランス」が歌声に与える影響の大きさを感じてもらえることを意識しました、少しでも理解を進めてもらえれば幸いです。
では、これからも「理想の歌声を目指す全ての人へ」有益な情報を発信していきます!

 

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちらから↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト




 - ミックスボイス, 発声理論 ,