マインドセット
ミックスボイス
発声理論
オススメ情報

ボイトレに根性はいらない。

   




皆さん、こんにちは!いつもボーカルスクールMVS公式ブログをご覧くださり、ありがとうございます!
シンガー・ボイストレーナーのU-ma(ユーマ)です。

今回は、理論ではなく、ボイトレに関する考え方(マインドセット)に関する記事です!
Twitterでも呟きました、「ボイトレに根性不要論」について書いてみたいと思います。

ぜひ、最後までご覧ください!

 

そもそも根性って何?

先ずは、そもそもの『根性』の意味をハッキリさせる必要があります。

大辞林によると根性とは、

①生まれつきの性質。根本的な考え方

②苦しさに耐えて成し遂げようとする強い精神力

と書いてあります。
この①番は「性根(しょうね)」のような、もともと個人に備わっている考え方を指すもので、今回のテーマである「根性」とは意味が違いますね。

今回のテーマの『根性』とは、まさに②番の苦しさに耐えて成し遂げようとする強い精神力のことです。

 

 

苦しみに耐える

苦しさに耐えることで歌を上達させようとする際たる例は、「自分の届かない高さの音に、苦しみに耐えながら何度もガムシャラにトライし続ける」ものです。

この方法は断言しますが、絶対に何も成し遂げられません。
なぜそう言えるのかというと、声を作り出している全ての要素を無視しているからです。

例えば、片手で5キロの鉄アレイしか持ちあげられないアナタが、30キロの鉄アレイを持とうとするとどうでしょうか?

そう、上がりませんね。

では、ここで『根性』の登場です!

根性のパワーで上げてみましょう!!

・・・無理です。(ひょっとすると筋断裂ですね。)
鉄アレイを握って腕を曲げる際に必要な、上腕二頭筋の筋力を完全に無視しているからです。

このような話が、歌では頻繁に起こります。

「高い音をひたすら頑張って出せば・・・」「腹式の力をひたすら込めれば・・・」「ひたすら筋トレすれば・・・」などなど。

冒頭の「自分の届かない高さの音に、苦しみに耐えながら何度もガムシャラにトライし続ける」というのはポリープの最も多い発生原因です。(先ほどの例え話では筋断裂してしまうということですね)

 

知っていても知らなくても

先ほどの鉄アレイの例で出てきた、上腕二頭筋の筋力は、本人が知っていても知らなくても30キロの鉄アレイを持ち上げる際に必ず必要なものです。

歌においても同じことが起こります。
知っていても、知らなくても歌上達において必要なものが揃わないと、歌は上達しません。

鉄アレイを上げる際は、めちゃくちゃ根性がある人よりも、上腕二頭筋が発達している根性無しの人のほうがパフォーマンスが良いことになります。

 

 まとめ

 

①苦しみに耐えて成し遂げようとする方法は上手くいかない

 

今回も最後までご覧くださり、ありがとうございます。

念のためですが、今回の記事の「根性は不必要」という意味は、トレーニングの効率に関してのみ書いているものです。

もちろん、「気持ちの強さ」や「人間力」はパフォーマンスの面で、素晴らしい歌声には必要不可欠ですよ!

では、これからも『理想の声を目指す全ての人へ』有益な情報を発信していきます!!

 

 

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちら↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト

 




 - マインドセット