歌で感動を伝える!

   




皆さんこんにちは!いつもボーカルスクールMVS公式ブログをご覧くださりありがとうございます。
シンガー・ボイストレーナーのU-ma(ユーマ)です。

今回は「歌唱表現について」書いてみたいと思います。

歌を習ったことのあるシンガーの皆さんは今まで「気持ちを込めて歌いなさい」と言われた経験はありませんか?
そして「気持ちの込め方」が分からなかったり、「気持ちを込められない自分」のことをシンガーに向いていないと思ったりしたことはないですか?

悩むシンガーが多い反面で、「気持ちを込める」方法を論理的に説明してくれる人や、情報はありません。
ということで、今回は「表現」に踏み込んだ記事を書いてみたいと思います。

 

言葉を文字で捉えてはいけない

皆さんは普段、小説などは読みますか?
私は本が大好きなのでよく読みます。感動的な小説を読んで泣いてしまうことなどしょっちゅうです。

ここで考えてみましょう。
なぜ文字(言葉)の羅列を見て、涙が出るのでしょう?

答えは、文字を頭の中で具現化(イメージ)してしまうからです。

例を出してみましょう。

『誰かの声に気づき ぼくらは身をひそめた
公園のフェンス越しに 夜の風が吹いた』

これは皆さんご存知の「夜空ノムコウ」の中に出てくる歌詞です。

さて、ぼくらって何人ですか? 公園は狭いの広いの? フェンスの古さや色などは? 風の匂いは? そして「ぼく」はどんな気持ち?

答えは、ありません。一人一人違います。
ですが感情がこもっている人は、歌詞を文字ではなく、その人のイメージ(時に映像)で歌っています。

多数のシンガーは、この歌詞を見て、「ダレカノ〜 コエニ〜 キヅキ〜♪」となってしまう人が大半です。聴き手に、情景や温度が伝わらないのです。

これは普段の会話でも同じです。

トークが上手い人は「昨日さ、こんなことがあってさ、そしたら隣にいた◯◯ちゃんがさ〜」と喋っていても言葉ではなくイメージを伝える為に、聴き手もイメージを共有できるので笑いが起こったり、感動したりします。

 

まずは自分が感動する

過去にTweetした通り、まずは自分が感動することが大事です。

自分が歌詞からイメージを創り出すことで、その感動を聴き手に伝えられるチャンスがやってくるわけです。
まずは、自分が感動するために歌詞からイメージを汲み取っていく。それが伝えることに繋がります。

当たり前ですが、歌は文字を伝えるものではなく、感動や、楽しさ、切なさ、などの感情、感動を伝えるものなのです。

ですが、ボイストレーニングを続けていくと「歌い方」や「発音」に意識を傾けることで、表現の質が下がるシンガーが本当に多いです。
そうなると綺麗な発声でも、表現が無機質になる最悪なパターンに陥ります。

何度でも言いますが、まずは自分が感動できることが大事です。

 

Music Videoを観る

ここまでの説明で、ピンと来ない方は色んな曲のMV(MusicVideo)を観ることをオススメします。
特に最初は分かりやすいドラマ調、ストーリー調のものですね。

これも経験があると思いますが、同じ曲でもMVや、映画のエンディングで流れたのを聴くと感動が100倍くらい増します。笑
これこそ言葉に映像が加わることで、イメージがハッキリと聴き手と共有できたパワーです。

歌はただの文字とメロディーではありません。情景や感情、感動を共有できるパワーを秘めています。

 

 まとめ

①歌詞は文字ではなくイメージで捉える

②まずは自分が感動する

③MVを観て、イメージが加わったパワーを体感する

今回は、表現について記事にしてみました。表現と一言で言いますが本当に幅広いので今回の記事内容は、その中のただの一つに過ぎません。
今後も、こういった内容を少しずつ追加できればと思いますので参考にしてみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。
これからも「理想の歌声を目指す全ての人へ」これからも有益な情報を発信していきます!

 

 

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちら↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト

 




 - ボイトレに向かう考え方