ボイトレ考え方
ミックスボイス
発声理論
オススメ情報

歌うときは口呼吸?鼻呼吸?

   




皆さんこんにちは!いつもボーカルスクールMVS公式ブログをご覧くださり、ありがとうございます。
シンガー・ボイストレーナーのU-ma(ユーマ)です!

今回は、歌う際の呼吸について書いてみたいと思います。
腹式呼吸については、過去に記事を書いていますので今回は「口呼吸と鼻呼吸」について書いてみたいと思います。
では、いってみましょう〜!

 

 

口と鼻どっちが良い?

 

今回は、結論からいきましょう。
歌う際は『口呼吸』です。

口呼吸が良い理由については、リードの言葉を借りながら説明していきます。
リードは鼻呼吸が歌にとって不向きな理由を大きく3つ示しています。

 

①大げさで、ぎこちない。
この弊害が現代のシンガーにとって一番顕著になるのはレコーディングでしょう。
最新のコンデンサーマイクなどは軽いブレス音も完璧に集音します。その際に鼻呼吸の呼吸音(特に早く鼻から吸い上げる音)が見事に集音されることは厄介です。
鼻呼吸独特の「すするような呼吸音」は確実に、パッケージングされた作品の世界観にはそぐわないでしょう。

 

②必要な量の空気を、素早く、静かに吸い込めない。
これは歌にとっては致命的です。
ロングトーン直後に短いブレスポイントが訪れた際には口呼吸でないと、間に合わないことになります。

 

③胸部に高い構えを強いる恐れがある。
「胸部に高い構え」とは胸式呼吸のような浅い呼吸になることです。これは『喉声』になる危険性が増します。
私の腹式呼吸のYouTube動画や、ブログ記事でも言っていることは呼吸が浅くならない注意点ですね。

 

書物の中でも、リードは歌唱時の鼻呼吸に関してハッキリと書き記しています。

”歌唱の時に使われる不適当な呼吸の習慣は、口を固く結んで、鼻から息を入れるものです。

〜中略〜

鼻からの呼吸を実際問題として考えてみると、まったく役に立たないことがわかります。”

 

 

鼻呼吸の利点は?

では鼻呼吸が全く無意味なのか?
それは違います。
もともと口は食物を取り込む器官であり、鼻こそが呼吸器官なのです。

歌唱時以外(平常時)では鼻呼吸が大切であり、もの凄く役立つものです。

例えば、
①気管への空気流入の際に加湿効果をもたらすこと。

②細菌流入を阻止してくれること

が大きい効果です。

歌唱時においてはデメリットが大きい鼻呼吸も、通常呼吸ではメリットの方が大きいんですね。

 

まとめ

 

①歌唱の際は口呼吸が良い

②平常時呼吸は鼻呼吸が良い

 

今回は口呼吸と鼻呼吸について記事にしました。
お互いにそれぞれ違った効果があるので、今回の記事は分かりやすいと思います。
今回の記事からも何か発見があれば嬉しいです!

では、最後までお読みいただきありがとうございます!
これからも『理想の声を目指す全ての人へ』有益な情報を発信していきます!!

 

 

ボーカルスクール MVS公式LINE@友だち追加で『ボイトレ無料相談受付中♪』

スクールウェブサイトはこちら↓
ボーカルスクールMVSウェブサイト

 




 - 発声理論 ,